井上 ハルカ

愛媛県八幡浜市出身、大阪在住のサクソフォン奏者。ダンスや即興絵画、電子音響との共演など、様々なジャンルとのコラボレーションを行う。

2007年ESA音楽学院にて優秀賞を受賞し卒業後渡仏、リヨン地方音楽院を経て2010年パリ国立高等音楽院の入学試験に審査員満場一致で合格。クロード・ドゥラングル氏の下で、特に現代音楽や電子音楽を取り入れた作品にも力を入れて取り組む。サクソフォン科第一高等課程を経て2014年に第二高等課程、並びに室内楽科第一高等課程を修了した後、同音楽院第三課程DAI(アーティストディプロマ)現代音楽科の入学試験に審査員満場一致で合格し、若手の作曲家達による新作の初演も多数手がける傍ら、IRCAM(フランス国立音響音楽研究所)を初めとするヨーロッパ各地でのプロジェクトや『モンテカルロ春の芸術祭』を始めとするフェスティバル、ワールド・サクソフォン・コングレスなどのイベントに参加。2015年同課程を修了し秋に日本に帰国、関西を拠点に演奏活動を行う。

ミシェル・タバシュニク指揮ブリュッセル・フィルハーモニックのパリ公演でのルチアーノ・ベリオ作曲《シンフォニア》での客演を始め、パリ国立高等音楽院ロレア・オーケストラ、関西フィルハーモニー管弦楽団、京都市交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、Osaka Shion Wind Orchestra など国内外のオーケストラで客演を務める。在仏中はパリ、リヨン、ブルターニュ、ペルピニャン、ボルドー、ストラスブールなどフランス各地をはじめ、ベルギー、スコットランド、クロアチア等で、ソロやウズメ・サキソフォンカルテット、その他アンサンブルのメンバーとして演奏を行う。2012年、2013年、そして2016年〜2023年は日本にて毎年ソロリサイタルを開催。中でも2016年7月には大阪梅田のザ・フェニックスホールにて『フェニックス・エヴォリューション・シリーズ』に選ばれ、電子音響を駆使したリサイタル《影と光の対話》を開催し、同プログラムでの東京公演も開催。そのほか2017年1月大阪大学会館にて『ワンコイン市民コンサート』シリーズでリサイタルを開催。ブーローニュ・ビヤンクール現代音楽コンクール《Musique du dernier siècle 2014》にて審査員特別賞(サクソフォン部門最高位)を受賞。現代音楽演奏コンクール《競楽XII》にて聴衆賞を受賞。第6回秋吉台音楽コンクール入選。2012年度から2014年度まで、ヤマハ留学奨学生。フランスのメイヤー財団、並びにADAMI財団奨学生。現在は国内のアンサンブルコンテストやソロコンクールでの審査員も務める。「インペトゥス・サクソフォンアンサンブル」、「サクソフォンカルテット・アニマ」、サクソフォンと打楽器による「Duo März(デュオ・メルツ)」メンバー。2019年7月にリリースされた、アルト・サクソフォンのために作曲されたソナタを集めたファーストアルバム『SONATE』が情報誌レコード芸術にて準特選盤に選出。2021年11月リリース配信限定アルバム『Rachmaninov』、2023年6月リリースの『trans-』(レコード芸術特選盤)では弦楽器のためのソナタを4つのサクソフォンで奏でる。

サクソフォンを前田昌宏、岩田瑞和子、前田幸弘、ジャン=ドニ・ミシャ、クリストフ・ボワ、クロード・ドゥラングルの各氏に師事。室内楽と現代音楽をイェンス・マクマナマ、へ=スン・カンの各氏に師事。学校法人八洲学園ESA音楽学院専門学校、大阪府立夕陽丘高等学校各非常勤講師。KMC音楽院、スタジオスキップ講師。セルマー・パリ社公式アーティスト愛媛県文化振興財団ゆかりアーティスト

Haruka INOUE

Haruka Inoue is a Japanese saxophonist passionate about expanding the saxophone repertoire, from early baroque to contemporary music.

Born in Ehime (Japan), Haruka Inoue studied at the ESA Conservatorium with Masahiro Maeda, and was awarded the diploma in 2007. She then decided to continue her studies in France, the spiritual home of the saxophone, with Jean-Denis Michat at the Conservatoire de Lyon with whom she consolidated her technique while also developing a musical and stylistic maturity. In 2010, she was accepted into the Paris Conservatoire (CNSMDP) and the saxophone class of Claude Delangle. In 2014 she completed her masters saxophonist degree with mention “très bien” and was then accepted into the 3rd superior cycle, the “Diplôme d'artiste interprète”, specializing in contemporary music.

Her activity as a soloist, chamber musician and orchestral musician let her perform in Japan, as well as in Europe.

Since 2012, she performed recitals every year in Japan or Europe. She was invited to perform with the Brussels Philharmonic Orchestra, the Kansai Philharmonic Orchestra, the City of Kyoto Symphony Orchestra, The Osaka Philharmonic Orchestra, Osaka Shion Wind Orchestra. She is a member of Impetus Saxophone Ensemble, Saxophone quartet ANIMA and Duo März (saxophone and percussion).

She has received support from the Meyer Foundation (France), Yamaha Foundation (Japan) and the ADAMI (France). She was a prize winner at the 2014 Competition “Music of the last century” in Boulogne-Billancourt and the 6th Akiyoshidai Music Competition.

Haruka Inoue teaches currently at the ESA Conservatorium (Japan). She has released her solo albums “SONATE” in 2019, "Rachmaninov" in 2021, "trans-" in 2023.

Saint-Saëns / Bassoon sonata op.168
サン=サーンス作曲 / ファゴット・ソナタ op.168
Impetus saxophone ensemble
インペトゥス・サクソフォンアンサンブル
Saxophone quartet ANIMA
サクソフォンカルテット・アニマ
Duo März
デュオ・メルツ